fc2ブログ

Entries

引越して、古本を処分する。

会社(日科工房)を自宅の一部を改修して事務所にした。会社の引越し。
世田谷区の場合は法人では紙は資源ごみだけど、券を買わないとだめで、有料になる。少々だと、分からないけど。カタログ等大量30束程度になったので、清掃局の焼却場の隣にある紙集積場を役所で教えてくれたので持っていったら、無料で済んだ。会社の建築雑誌、「住む」「ちるちんびと」はブックオフだと古いものでもきれいなら買ってくれた。ブックマートはきれいでも古いものは値がつかぬ。ブックマート曰く、「うちは本当の古本屋とブックオフとの中間」だとのこと。
自宅の本も処分した。本の冊数が多ければ訪問するというので、呼んだ。一軒は単行本、建築の本等を買っていった。全集モンは別の古本屋が良い、また価値が無くても、きれいな本は、ブックオフが買うと教えられた。別の古本屋は、女房の嫁入りの時の「世界文学全集」全50巻程度のものが、たったの三千円、一冊だけ無いのがあったので、二千円。同じく嫁入りの時の「日本の歴史」全40冊程度が2千円。高く買ってくれると思った岩波の「世界の歴史」全集ものは、改訂版でないので、値がつかぬといわれたので、それなら売ってやらぬ、もったいない いつか、一部でも読むわいと、強がった。大事にしてる筑摩の「夏目漱石全集」も2~300円程度のことを言う。絶対に売るかと思った。岩波文庫、新書等は全滅。いつか一冊でも二度読みしてやると思ってる。二度は読まぬ「新宿鮫」のような本はきれいなものは、ブックオフが買ってくれた。建築の単行本は、高くかってくれることを知った。買って行った古本はきっと3~5倍程度で、古本屋で売っているのかな?
スポンサーサイト



もしよろしければ応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkablog.blog91.fc2.com/tb.php/111-edd81c71

0件のトラックバック

1件のコメント

[C14]

あなたは数年前にM&Aとかほざいててきちんと支払いしなかったからしょうがないんじゃねーか?また会社ダメになるのも当然のことであろう。神様はちゃんとみてるんだぜ!善人ぶるのもいい加減にほうがよろしいということなのでは?

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

こんにちは!

【山好き、旅好きの団塊世代日記】 当ブログは2007/1/29に運営開始いたしました!





皆さんのお力になれるような記事を 書けるように勤めます!


プロフィール

高田 学

Author:高田 学
少年時代は海と戯れ鎌倉育ち、故郷を離れ北海道で学業。その後東京にて工務店経営。
環境(省エネ)には特に詳しい。廃業後自由人。

----運営ポリシー----

① 読んだ本の気に入って皆さんに紹介したい部分や感想、
② 時事問題での皆様への問題提起
③ 旅や山行での報告感想  
等で 皆様の役にたてたら良いなと思うブログを書いてまいります。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる