fc2ブログ

Entries

災害に合い自分が助かった時に素直に喜ばない日本人


- 他の人が助からなかった時 ―

自分は助かったと素直に喜べばいいのにと思うのだが。助からなかった人のブンまで生きるんだと思ってはいけないのかしら? 全員が助からないと喜んじゃいけないと思ってしまう。変です、素直じゃないです。 高校野球は被災者に勇気を与えるから、えばってやれ! プロ野球は遠慮がちにやれ!というのは、私にとってはなんか変? プロは人を楽しませる、元気付けさせるプロじゃないの? 被災して苦労している人がいるから、野球なんかやって、楽しんでる場合じゃない!なんて理屈が通りそうな世の中ですね。都知事選挙の演説も遠慮がちにしなきゃいけないんですって。昭和が終わった時、パチンコ屋が静かになり、歌番組が一切なくなったのを思い出します。種々本で読んで知った戦争中の『欲しがりません勝つまでは』とか戦後すぐの『一億の国民が総懺悔します』とかを思い出しますね。
菅直人の国民への言葉って似てるなぁー。平成天皇のお言葉のほうが、それへん気をつけてしゃべってますね。(宮内庁の役人の原稿だろうけど)。
世界で一番おとなしい学生さん・若者と思ったら、日本人全体でそうなんですね。福島の原発で避難してる人達たち東電に強く文句を言えばいいのに。福島は東北電力でしょう。西ドイツで原発反対の25万人のデモ、日本で1000人。
戦後占領史の名著ジョン・ダワー『敗北を抱きしめて』より  「…外国人が『従順な家畜』の心理とあざ笑った大勢順応主義は、日本人の間ではもっともあたりさわりのない言葉『醇風美俗』で表現される・・『醇風美俗』を大切にする多くの庶民… 」
太宰治が「近代的自我」をと! もがいて自殺でもって訴えて往いったのに、世の中変わってないみたいですね。いや逆に太宰のいたころより、後退してるのかも?
スポンサーサイト



もしよろしければ応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkablog.blog91.fc2.com/tb.php/123-b5f598c2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

こんにちは!

【山好き、旅好きの団塊世代日記】 当ブログは2007/1/29に運営開始いたしました!





皆さんのお力になれるような記事を 書けるように勤めます!


プロフィール

高田 学

Author:高田 学
少年時代は海と戯れ鎌倉育ち、故郷を離れ北海道で学業。その後東京にて工務店経営。
環境(省エネ)には特に詳しい。廃業後自由人。

----運営ポリシー----

① 読んだ本の気に入って皆さんに紹介したい部分や感想、
② 時事問題での皆様への問題提起
③ 旅や山行での報告感想  
等で 皆様の役にたてたら良いなと思うブログを書いてまいります。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる