fc2ブログ

Entries

今日は日曜日


休息日と決めて、「日米開戦の真実」佐藤優著を読み終えた。
佐藤優さんはすごい人だと思う、従来の思想の枠、殻を突き破っているように思える。
左の雑誌、右の雑誌にも書いている、両方から受け入れられ、感心されているからだろう。それでいて基本的スタンスは国粋主義者です。
515日間の豚箱生活で充実した、また感心する読書生活を送ったようです。私にとり死ぬまでに読み終わりたいと思っている「精神現象学」ヘーゲル著を愛読書にしていたというだけで、感心してしまうのです。宇野弘蔵の理解によるマルクス「資本論」をとても評価しているようです。
ソ連がつぶれマルクス主義が消えてしまうとこでも、世の中、経済の分析の仕方等、マルクスに勉強するとこが、多いと考えたのでしょう。

今日読んだ佐藤優さんの本から考えたこと。
アメリカという国は戦前、戦後と基本的に変わってないんだなと思うこと。日本の戦後、イラクの戦後と考え同じみたい。日本とイラクの対応が極端に違っただけ。片や付和雷同でアメリカ民主主義万歳と片やゲリラだあーキリストはいらぬイスラムだあーと。

この本の内容は大川周明という戦前の世の中をリードした、右翼思想家の「米英東亜侵略史」の本の解説でアメリカの植民地拡大(覇権、利権拡大)と日本の大東亜共栄圏と比べれば日本のほうが良かったのではないか、アメリカの策略で戦争せざるを得なかったといっている。
基本的にわたしは戦争は反対で、戦争せざるを得なかったという土俵にひきこまれないフィロソフィを持ちたいと思ってます。憲法9条はそのフィロソフィの手助けになる理念があると思ってます。
スポンサーサイト



もしよろしければ応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkablog.blog91.fc2.com/tb.php/15-6e64e0b2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

こんにちは!

【山好き、旅好きの団塊世代日記】 当ブログは2007/1/29に運営開始いたしました!





皆さんのお力になれるような記事を 書けるように勤めます!


プロフィール

高田 学

Author:高田 学
少年時代は海と戯れ鎌倉育ち、故郷を離れ北海道で学業。その後東京にて工務店経営。
環境(省エネ)には特に詳しい。廃業後自由人。

----運営ポリシー----

① 読んだ本の気に入って皆さんに紹介したい部分や感想、
② 時事問題での皆様への問題提起
③ 旅や山行での報告感想  
等で 皆様の役にたてたら良いなと思うブログを書いてまいります。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる