fc2ブログ

Entries

羅臼、熊と蟻と人間


7月9日に知床の羅臼岳に登った。小型の鈴をニケ付けて。巡礼の鈴みたいで、ちょっとうるさいかなと思ったけど、熊よけです。疲れた足で、あと一時間強で下山できるかなと、頑張って歩いていた。登山道整備の環境省と下請け会社の一団10人強の人達は追い抜いていった。(けっこう鈴付けてた) その一団の一人中年の係長みたいな山に弱そうな人に、あと10メーターで追い着きそうになったところ、山道斜面上の10m程度 離れたハイ松から熊が顔を出し、その中年係長の横っ面に、ゴオーと威嚇した。「熊がいましたねぇ」とその人に聞こえるようにビックリしてしゃべったけど、そのひとは知らんぷりでいっちゃった。熊と目が合わないようにそして、笛を探して、道を逆登り、他の下山者を待って、十分後、笛・鈴を沢山鳴らしながら無事通過。
そこらあたりの山道は、「ここらあたりは蟻の巣が多くあり、それを食べに熊がよく出ますので注意」と看板ありました。熊があのちいさい蟻が好物だとは、人間は蟻なぞ食わぬぞ、あんたの食べ物横取りはせぬは、威嚇するなと思うのですが。…例の係長、その後追い着いて聞いた所、熊のいたこと知っていて、ここの熊は人、襲わねぇと慣れたもの。
蜜蜂、シロアリはとても女王蜂を中心に人間より規律正しく社会的生活をしています。蟻も似ているのでしょう。熊の好物。蟻とシロアリは人間は嫌い。
知床・羅臼岳付近では、食べ残しはそこらに捨てるな・熊が味をしめる。えさをあげるなんてもってのほかだ、捕まえて罰するぞとのこと。えさが無くなれば飢え死にして、自然の摂理の個体数が保たれるということなんでしょうか。
公園では「鳩にえさをあげないでください、それが鳩のためです。動物愛護です。」てな調子なんですね、この頃。じゃぁ、動物園ってなんじゃい。ありゃ人間への見世物です。
未開開発国なんて、知的程度が低いから、飢え死にする人がいて、人口増えなくてちょうどいい。なんて、慎太郎とか、橋下なんて思ってるのかな?
熊には、いや知床・羅臼の熊だけだといいけど、鈴はまるで熊よけに、なってないですね
ちなみに、羅臼岳頂上、晴れて見晴らし良かったです。100名山の97番目。
スポンサーサイト



もしよろしければ応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkablog.blog91.fc2.com/tb.php/185-d1027ce8

0件のトラックバック

1件のコメント

[C23] どんどん発信してください

ようやくブログを更新しましたか。北海道移住を機にブログは閉鎖したのかなと思っていました。100名山登頂にこだわらず北海道の登山を楽しんでください。
  • 2013-07-14
  • 京都在住
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

こんにちは!

【山好き、旅好きの団塊世代日記】 当ブログは2007/1/29に運営開始いたしました!





皆さんのお力になれるような記事を 書けるように勤めます!


プロフィール

高田 学

Author:高田 学
少年時代は海と戯れ鎌倉育ち、故郷を離れ北海道で学業。その後東京にて工務店経営。
環境(省エネ)には特に詳しい。廃業後自由人。

----運営ポリシー----

① 読んだ本の気に入って皆さんに紹介したい部分や感想、
② 時事問題での皆様への問題提起
③ 旅や山行での報告感想  
等で 皆様の役にたてたら良いなと思うブログを書いてまいります。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる