fc2ブログ

Entries

法人税減税と中小企業増税  山口義行 論考 岩波「世界」8月号 読書ノート

副題 株価対策と化した成長戦略
「政権支持率は株価に連動する― そう信じて疑わない安倍首相が『成長戦略』の名のもとに、またも『暴走』を始めている。その一つは、法人税の実行税率の引き下げ。しかもそのための財源を中小企業向け増税でまかなおうというのである。そしていま一つは、公的年金の積立金による株式投資である。法人税の実効税率を引き下げて外資を導入し、経済成長につなげる。年金積立金の積極運用で成長戦略を後押しする。いずれも『成長を促すため』というのが理由になっている。しかし、それらが実は『株価対策』でしかないことは誰の目にも明らかである。」
「『外資導入で成長』は途上国の戦略。…日本には豊富な外貨があり、先端技術もある。リスクを担うことのできる大企業もいる。そんな先進国日本の成長戦略に、外資導入を据えること自体、時代錯誤も甚だしい…」
「…要するに、描かれているシナリオは『年金マネーの存在をちらつかせて海外勢の新たなマネーを呼び込み、日本株の一段高につなげる』(日経6/14付)というものなのである。」☆日銀黒田総裁の追加緩和による大幅株高は外資によるものです。
・「アメリカでも公的年金を株に投じてはいない。…年金積立金による株式運用の問題点は、たんにそれがリスキーだということには留まらない。『企業経営に口をはさむ権理』でもある株式を、政府が管理できる資金で大幅に保有することは市場経済に対する政府の直接的な関与を強めることになる。…国策に沿った経営判断を民間企業に強いるリスクがある。」
◎「安倍首相はなぜ『株価引き上げ』に邁進するのか。―…その背後には『金融資本主義』と化した日本の現実がある。…今や証券系エコノミストたちが経済メディアの主要な論調をつくっている。彼らの関心事は株価が上がるか下がるかで、政府の政策の評価もそれが基準になる。☆海外投資家によって株価の上げ下げが左右されているのにアホか!アホカ!

安倍政権が画策する中小企業増税策
1 中小企業の法人所得800万円までの部分に適用されている軽減税率15%をとりやめる。
2 資本金1億円以下の中小企業も外形標準課税の対象にし、赤字企業からも税金を徴収できるようにする。  
3 減価償却制度の定率償却方式を廃止し、設備投資後の早い時期に納める 税金を重くする。
4 欠損金繰越控除制度を縮小し、今期の黒字を前期の赤字と相殺して納税をへらすことを抑制させる。
5 中小企業経営者の給与所得控除を大幅に引き下げるなど、中小企業の『節税策』を封じる。
「こんな税制改革を断行するのであれば、それはもはや政府が中小企業を『育てる』意志を放棄したことを示すに等しい」

☆ 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が10月31日より年金積立金の運用を内外株式の割合を大幅に増やしました。
○ パスワード失念により、ブログアップが遅れました。またお読みの程、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト



もしよろしければ応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkablog.blog91.fc2.com/tb.php/217-f83be4be

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

こんにちは!

【山好き、旅好きの団塊世代日記】 当ブログは2007/1/29に運営開始いたしました!





皆さんのお力になれるような記事を 書けるように勤めます!


プロフィール

高田 学

Author:高田 学
少年時代は海と戯れ鎌倉育ち、故郷を離れ北海道で学業。その後東京にて工務店経営。
環境(省エネ)には特に詳しい。廃業後自由人。

----運営ポリシー----

① 読んだ本の気に入って皆さんに紹介したい部分や感想、
② 時事問題での皆様への問題提起
③ 旅や山行での報告感想  
等で 皆様の役にたてたら良いなと思うブログを書いてまいります。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる