fc2ブログ

Entries

2016年 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 

十勝の大畑作・酪農の地にポツンと半農半Xで年金生活者が移住して3回目の冬です。
朝、鶏と山羊の水飲み器が、全体びっしり凍り付いておりますが、本人たちは元気に、越冬です。ぬるま湯を水飲み器に入れ替えると、美味しそうに飲んでおります。

移住者は部落に溶け込むために、出しゃばってはいけません。とにかく世間様にならって同調しなきゃいけません。均質化が求められているのでしょうか。でも私は変わり者、「均質化」はいやです。だから東京からここに移住したのでしょう。
明治17年に「個人」という言葉ができ、「社会」という言葉ができ、いや西欧語(individual、society)から翻訳されました。しかし「個人」という概念は当時まで全く存在しておらず、今でも実体として輸入に失敗していると言えそうです。我が部落・町・日本には「世間」様がのさばり跋扈(バッコ)し「個人」の存在が薄くなっております。たとえば「個人的には××は反対だけど、世の中の空気が世間があり、反対と言えないんだ。」というのが、おおはやりです。産業・国力の差で戦争に勝てるわけないとわかっていたはずなのに、日米戦争を始め、いつまでも戦死者を多く出し続けていたのと、状況はそっくりです。

現憲法は「個人の尊重」というものが重要な基本理念の一つです。が日本では「世間」様があって「個人」がまるで根付いていないようで、従って「憲法」は全く身についてなく、為政者にいいように弄ばされそうです。西欧ではキリスト教の神との対話から「個人」と言う概念ができたと言われます。日本では「世間」様がまた「お上」が、みな良きに計らってくれる(風習・しきたり)と思っているので、「個人」は要らなかったのでしょうか。だから天災・人災・戦争・政(マツリゴト)に「個人」として対峙して、考えることが、また考えようとしないのでしょうか。悪いことに、世間様は子供の世界まで侵入し、よってたかって「いじめ」「仲間はずれ」をするというのも、その表れかとも思います。またマスメディアもなにかと無神経・無知に世間様を煽るように報道するように思われます。
「安倍政治はメディアを支配している」なんて、甘い事?いう人もおりますが、1937年南京事件、南京攻略でマスメディアは国民を煽り、軍部中央の戦線拡大を煽っていたと言えます。尖閣で有事があれば、マスメデイァはそして国民は逆に戦闘拡大を政府に煽る可能性さえも多くなっているとも考えられます。安倍総理の支持率を考えれば、そういうところまできているように思います。
十勝読書会も14回行いましたが、日本の近代化の中での「個人」の生き様・生き方・悩みから多く学びましたが、世の中は、まるで彼ら(勝海舟・永井荷風・金子光晴・有島武郎など)から「個人」の生き様を学んでないし、逆に退行して、世間様優勢になってしまってます。ちなみに、私は有島武郎たちがとても好きで尊敬しています。
「平和平和」と言うお題目を唱えると、政治色は無いということになるようですが、「反



原発」と言うと、世間様は「政治的」なこととして敬遠することが多くなっています。

しかし、微力ながら私は、「変えがたいと見える現実でも、柔らかく変えていける可能性が、本当はあるのではないか、そのために一人一人が自分の意志で動く(☆個人の概念)…」(鎌仲ひとみ言)、そんな動きを我が町・池田町民に期待をして、池田町議会で『非核・脱原発・自然エネルギー推進の町』の宣言をすることを提案し、その陳情をする、署名簿を仲間の協力も得て集めました。
その宣言文章案『核兵器を廃絶し、原子力発電所など放射能を放出または放射性廃棄物が出るすべての核エネルギー利用設備を廃絶し、安心・安全・健全に暮らしていける世の中にすることを強く訴えるものであります。池田町は日本で有数の日照の多い町です。その太陽の恵みを活かし、自然エネルギー推進の町にすることを、ここに宣言します。』

7200人余りの町、予想より多く437人の署名を集め、11/17に町議会に提出しました。その後に参考人招致され意見陳述し、現在審議中ということのようです。今年に良い結果が出ることを、神と対話?し、祈念しているところです。

 皆様にとり、良いお年になるよう願っております。

                平成28年 正月
                          髙 田 學




スポンサーサイト



もしよろしければ応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkablog.blog91.fc2.com/tb.php/254-708247ff

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

こんにちは!

【山好き、旅好きの団塊世代日記】 当ブログは2007/1/29に運営開始いたしました!





皆さんのお力になれるような記事を 書けるように勤めます!


プロフィール

高田 学

Author:高田 学
少年時代は海と戯れ鎌倉育ち、故郷を離れ北海道で学業。その後東京にて工務店経営。
環境(省エネ)には特に詳しい。廃業後自由人。

----運営ポリシー----

① 読んだ本の気に入って皆さんに紹介したい部分や感想、
② 時事問題での皆様への問題提起
③ 旅や山行での報告感想  
等で 皆様の役にたてたら良いなと思うブログを書いてまいります。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる