fc2ブログ

Entries

さよならSEALDs ―民主主義と孤独―  週刊金曜日8/19より

8/15日、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)が解散した。今後、私たちの民主主義はどうなるのか。戦後民主主義を心に宿し、現状に絶望するドキュメンタリー監督・原一男氏と、新しいデモをすることで民主主義を『経験』しようと試みたSEALDsの奥田愛基氏が3時間の激論を交わした。 より抜粋
原―「…参院選でまた野党は負けて、民主主義の限界を・突き付けられた。『悪の人物』がいたときに、自分の命と引き換えにお命頂戴するというもの。『必殺仕事人』のイメージに近いけど、仕事としてやるのではなくて、自分の生き方を懸けて、『戦後民主主義を守るため』という自分なりの理屈を通すためにやる。『私の考え、すさんでるかしら』という自問自答がないわけじゃないけど、そこまで追い詰められている。奥田さんたちは、そのような発想にならないの?」
奥田―「…民主主義は経験してないから、経験してみたい。まずは民主主義という概念について、ちょっと考えてみようとデモを始めた。だから、僕らはまだ絶望には早い。」…・
原―「…最後に裁判に勝ったので厚生労働大臣が現地に謝りに来た。あれだけ苦しい目にあわせられたのに、『あの厚労大臣、《いい人》よね。話を聞いてくれて』という感想を原告団が持ったりする。そういう受け止めかたをしちゃう《いい人》って何だろう。私はすごくフラストレーションが溜まっている。《いい人》という生き方でいいのか。」
奥田―「政治への無関心は《いい人》に支えられていると感じます。僕らは、日常の自分も含めて、『無自覚のいい人』と闘っている面もあるのかも知れない。」
原一男の対談後、考えた事
「そんな奥田が『民主主義ってウザいでしょ。民主主義って完全じゃないし。僕らはそんなに民主主義をそんなに信じてないし』と言う。…『これぞ理想のシステムである』というものがない現状で、もう少し民主主義を支えて生きてみよう、もっと素晴らしいシステムにすべく頑張ってみよう、というメッセージに聞こえた。」
「平和憲法の精神を根幹から破壊せんとする動きが急速に加速する中、私が絶望感にジリジリしているときに奥田に出逢った。彼と話し込むことで、SEALDsの若者たちに希望を託してみようと、気持ちが動いたのは確かだ。だが、8/15日に彼らは再出発するために解散した。…そうなのだ。民主主義を守る戦いに代行業者は存在しないのである。」

☆エセ「お任せ民主主義」ではいけません。義理・縁故関係で縛られてはいけません。個人が自立して考える真の民主主義を発揮してもらわねばなりません。と訴えましたが、通じないよね!
池田町長選が終わって、しみじみと読み直して、読書ノートを作りました。
スポンサーサイト



もしよろしければ応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkablog.blog91.fc2.com/tb.php/274-6087fa7a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

こんにちは!

【山好き、旅好きの団塊世代日記】 当ブログは2007/1/29に運営開始いたしました!





皆さんのお力になれるような記事を 書けるように勤めます!


プロフィール

高田 学

Author:高田 学
少年時代は海と戯れ鎌倉育ち、故郷を離れ北海道で学業。その後東京にて工務店経営。
環境(省エネ)には特に詳しい。廃業後自由人。

----運営ポリシー----

① 読んだ本の気に入って皆さんに紹介したい部分や感想、
② 時事問題での皆様への問題提起
③ 旅や山行での報告感想  
等で 皆様の役にたてたら良いなと思うブログを書いてまいります。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる