fc2ブログ

Entries

読書ページ

読書ノート
「建築紛争--行政・司法の崩壊現場」 五十嵐敬喜・小川明雄 著 岩波新書1053
 住まいと街を壊すのは誰だ 耐震偽装事件から超高層マンション問題まで


建築に携わるものとして読まなきゃならんだろうと手に取り読んだ本です。
全体読書感は 施工屋である立場で建築、
とその仕事を見てきたのですが、
もっと広い視野で市民生活のありよう、法のあるべきありよう、
そんなことを踏まえて工務店、
一生活者として考えていかねばと思いを新たにいたしました。

またこのごろ目立つ住宅街に
゛あっとおどろく超高層゛のカラクリがわかりました。

世の中のバッシングに遭い、
司法にも関係ない微罪で罰せられたイーホームズの藤田社長が
ひとりでガッバッテ、行政の不備、罪?、を騒いでいたのが、
建築の弁護士、知識人はどう判断しているのかとおもいましたら、
藤田社長と同じでした。
建築行政の崩壊とまでいうのですから。
世の中の行政、司法、が崩壊してきたのでなくて、
昔からこんなもんだったのかもしれません。
江戸に悪代官がいましたから。まえがき と あとがきだけでも立ち読みで本屋で読んで頂けるとうれしい気がいたします。

「――建築行政システムの欠陥のために、まさに違法建築はごろごろしているのです。
―――裁判官たちが違法建築にお墨付きを与え、
違法建築の拡散の共犯者になっている
ーー―建築紛争の訴訟ではほとんど常に住民の主張、証拠を無視し、
事業者を勝訴させるために支離滅裂な理屈をつけた判決を書き、
平然としているーーー国土交通省は自らつくった制度の不備から、
偽装問題が発覚して混乱し、責任を回避する意味からも、
急いで一つの計算方法に決めて、
解体を急いだ様子が浮かび上がってくる。」
「-―日本の政官財複合体は、都市と土地と住宅は市場であり、建物は高ければ高いほど良い、しいう欲望にとりつかれて、ここ20年来、規制緩和に狂奔してきた。」以上抜粋です。
ヒューザーの小嶋進社長は憎たらしい顔をしていたから、
世の中のバッシングに遭ったのでしょうか?
アパグループは おばちゃまの泣き顔が同情を誘ったのでしょうか、
それとも阿倍総理大臣とお友達だったので、
世の中のバッシングに遭わないのでしょうか。
私も良いお友達は欲しいと思いますが、
ひとを撰ばさせて頂いております。  



環境と健康の注文住宅日科工房
http://www6.ocn.ne.jp/~nikka-c/


もしよろしければ
応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
スポンサーサイト



もしよろしければ応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkablog.blog91.fc2.com/tb.php/4-d62f33e0

1件のトラックバック

[T1] アパグループ、長勢甚遠・森喜朗らに献金

耐震強度偽装が問題になっているアパグループと元請け設計会社から、長勢甚遠法務相(衆院富山1区)が、二〇〇三年からの三年間で計七十二万円の献金を受け取っていた。森喜朗元首相(衆院石川2区)には七十二万円、馳浩衆院議員(同1区)には百五十六万円を献金していた

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

こんにちは!

【山好き、旅好きの団塊世代日記】 当ブログは2007/1/29に運営開始いたしました!





皆さんのお力になれるような記事を 書けるように勤めます!


プロフィール

高田 学

Author:高田 学
少年時代は海と戯れ鎌倉育ち、故郷を離れ北海道で学業。その後東京にて工務店経営。
環境(省エネ)には特に詳しい。廃業後自由人。

----運営ポリシー----

① 読んだ本の気に入って皆さんに紹介したい部分や感想、
② 時事問題での皆様への問題提起
③ 旅や山行での報告感想  
等で 皆様の役にたてたら良いなと思うブログを書いてまいります。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる