fc2ブログ

Entries

「オバマ大統領がヒロシマに献花する日」松尾文夫著 小学館新書 読書ノート

本の肩文より「・・・戦後五十年の節目の年(1995年)にドイツと英米の間で行なわれた鎮魂と和解の儀式『ドレスデンの和解』に着目した松尾氏は、日本版『ドレスデンの和解』ができないか、ケジメをもとめた旅に出る」
※ ドレスデンはドイツ東部のバロック建築の街並みの古都、1945年2月13日、敗色濃いナチスドイツのこの都市に英米の1067機の爆撃機が無差別爆撃を行い、3万5千人が亡くなった。ちなみに3月10日の東京大空襲の死者は83,793人
オバマのプラハでの演説2009/4/05「アメリカには核保有国として、しかも核兵器を使った唯一の核保有国として行動する道義的な責任がある」は2年以上遡る2007/01/04付「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙にキッシンジャー、シュルツ両元国務長官、ペリー元国防長官、ナン元上院軍事委員会委員長といった米外交界の超党派の大物OB四人の『核兵器のない世界』として寄稿したものに連なるものである。その「内容は、北朝鮮の核実験、イランの核兵器開発につながるウラン濃縮計画の停止拒否といった動きに象徴される核拡散に歯止めがかからない新たな事態に対処するため、米国が率先して指導権を発揮し、世界の全ての核兵器の廃絶を目指すビジョンを示す時がきた、との大胆な提案だった」
「河野洋平衆議院議長が2008年9月に広島で先進八カ国下院議長会議を開催し、それに出席したナンシー・ペロシ下院議長が広島の原爆慰霊碑に献花し、十字を切った…河野議長がその返礼と位置づけて、2008/12/29日アリゾナ記念館(真珠湾攻撃された記念館)を訪れ、献花した。…オバマ大統領広島訪問のレールは既に敷かれている、ともいえる。」
「…ドイツの戦後処理でのほぼ完璧とも言っていいケジメの数々を改めてしることになった。このドイツと現実に接すると、いかに戦後の日本が、現在に至るまでこのケジメを忘却の彼方に追いやっていたかを身に染みて感じる。…
第一に、いまだに続くナチス犯罪追求のシステムがある。…いまだに強制収容所看守を告発…」「ここで、ただ謝るだけではないドイツの姿も日本との対比でふれておかねばならない。ドレスデン爆撃を強く主張したアーサー・ハリス英空軍爆撃司令官の銅像が、1992年ロンドンのストランド広場に建てられた時、ドイツのコール首相が先頭に立って、イギリス政府に抗議した。これとは対照的に日本政府は、1964年12月、東京大空襲をはじめ、わが福井市など67の日本の都市に対する『夜間無差別焼夷弾爆撃』による焦土作戦を立案し、実行したカーチス・ルメイ将軍に対する『勲一等旭日大綬章』という最高級の勲章を贈っている」  「旧西ドイツでは、軍務に服していなかった一般市民に対しても、空襲や地雷、機雷、あるいは艦砲射撃で受けた被害に対して、『戦争の直接的影響』として補償がなされ、それがドイツ統一後も引き継がれているという事実である。日本では全くゼロの部分である――『東京大空襲訴訟に注目を』」-国民は戦争なんだから『受忍』しなさい、かな?
「オバマ大統領の広島訪問、献花は、中国、韓国、そして最終的には北朝鮮との間でも、相互献花による和解を果たす努力と連動するものでなければならないのだ。と思う」 そして2009年6月5日、オバマ大統領がドレスデンを訪問した。そして次は広島のはずです。そして日本と日本人のすべきことは?



もしよろしければ
応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
スポンサーサイト



もしよろしければ応援宜しく御願いします。
↓これをポチっと御願いします。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkablog.blog91.fc2.com/tb.php/69-71225d21

0件のトラックバック

1件のコメント

[C10] 「ドレスデン、運命の日」

映画「ドレスデン、運命の日」をお薦めします。
レンタル店にあると思います。
  • 2009-10-13
  • 京都在住
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

こんにちは!

【山好き、旅好きの団塊世代日記】 当ブログは2007/1/29に運営開始いたしました!





皆さんのお力になれるような記事を 書けるように勤めます!


プロフィール

高田 学

Author:高田 学
少年時代は海と戯れ鎌倉育ち、故郷を離れ北海道で学業。その後東京にて工務店経営。
環境(省エネ)には特に詳しい。廃業後自由人。

----運営ポリシー----

① 読んだ本の気に入って皆さんに紹介したい部分や感想、
② 時事問題での皆様への問題提起
③ 旅や山行での報告感想  
等で 皆様の役にたてたら良いなと思うブログを書いてまいります。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる